トップ > 宅配水と放射能 > 宅配水と放射能

宅配水と放射能

東京都葛飾区にある都の水道場から、

1歳未満の乳児の摂取制限の指標を上回る量の

放射性物質が検出されたことから問題が表面化した

水道水の放射能汚染問題。

この報道があったあと、日本中でミネラルウォーター狂想曲が

はじまりました。

狂ったように水を買いあさる人々が連日テレビで放映されています。

事実やデータを冷静に見る事のできる人は、

慌てていませんが、無知な一般大衆は、

いまだに買いあさっています。

 

 

店で水が手に入らなくなると、今度は、宅配水です。

現在、異常な問い合わせの数だそうで、

原発の事故前は、無料で、すぐに届けられていましたが、

今は水やサーバーの確保の問題から、

新規設置を停止しているメーカーも出てきています。

検討されている方は急いだ方がいいかもしれません。

宅配水と放射能
宅配水の安全性はとても高いものがあります。特に震災後は放射能対策として宅配水が注目されています。

前の記事 | 次の記事

【関連コンテンツ抜粋】
IT用語